商品の利益額よりも回転率を重視してせどりで稼ぐ

せどりで稼ぎたいなら、商品の回転率も意識する必要があります。その主な理由は、利益です。せどりは、もちろんお金を稼ぐ必要があります。稼ぐためには商品を売る必要がありますし、回転率が良いかどうか見極めるのは大切です。

利益額が高めな商品を仕入れる

せどりの仕組みですが、まずは商品を買います。オークションやフリマアプリなどを活用して、できる限り商品を安く仕入れる訳です。
そして購入した価格以上で、商品を売ります。もちろん、購入した価格以下では意味がありません。4万円で買った商品を3万円台で売ってしまえば、赤字になるでしょう。逆に、6万円台などで商品を売る事ができれば、差し引き2万円分の利益が生じる訳です。
上記のような仕組みになるので、多くの方々は商品の利益額を重視しています。売れるかどうかよりも、売却額が高くなるかどうかを重視している方も少なくありません。利益が生じなければ、赤字になるでしょう。

利益額よりも売れる確率を重視する

ところで、せどりで稼ぎたい時は利益額だけに注目すべきではありません。売れる確率も意識する必要があります。
確かに上述の例のように、商品が6万円台で売れれば、それに越した事はありません。ただ2万円前後の利益を得るためにも、商品が売れなければ意味がないでしょう。いくら利益額が高い商品でも、売れなければ困ります。かえって維持費などが高く付いてしまう可能性もあるので、あまり利益額だけにこだわるべきではありません。
ですから人によっては、利益額というより回転率を重視している事があります。いわゆる薄利多売の考え方です。
小売商店などは、薄利多売で物を売っている事が多いでしょう。商品1つあたりの単価は低めでも、多数の物を売っているお店も少なくありません。商品が売れなければ、肝心の利益が発生しないからです。

値段よりも回転率を重視する

ですから上記のように4万円の商品を仕入れた時は、あえて値段を低めにする方法もあります。45,000円という値段にする選択肢もあるのです。商品の回転率を高めるために、値段を低くするイメージです。
それ以前に、回転率が高く見込まれる商品を選んでおくに越した事はありません。上述の小売商店のように、比較的スムーズに商品が売れる状態にする方が良いからです。
人によっては、利益よりも回転率を最重要視している事もあります。せどりのやり方は色々ありますが、少なくとも「売れる確率」を意識するのは大切です。