ブックオフを利用したせどり

5年ほど前まで人気のあったブックオフを利用したせどりですが、最近は以前ほど稼げなくなったとの声も聞かれるようになりました。

しかし今でもデザイン関係の書籍や、専門書の一部は価値が高いので、ブックオフのせどりは難易度が高くなっただけで、稼げなくなったわけではありません。

またヤフーオークションとブックオフの連携により、ほとんどの本は高値で売ることができなくなりましたが、一部の本は今でも儲けを出すことが可能です。

せどりの基本は転売です。

以前はブックオフで購入したものをヤフーオークションで転売することが多かったのですが、現在では、アマゾンで転売することがデファクトスタンダードとされています。

アマゾンはオークションサイトではありませんが、自分が決めた価格で購入してもらうことができるので、短期間でお金を稼ぐことができます。

アマゾンを利用する上で気をつけたいのが送料の存在です。

送料を無料にしているユーザーが多いのですが、実際には商品の価格に転嫁させていることが多く、商品をある程度割高にして、その分を送料に当てています。

本の場合、単価が安いので、商品よりも送料が高くなることもあります。

そのような場合は、商品の価格を安く設定し、送料を支払ってもらう方が、わかりやすい取引ができます。

クレームの問題は、評価という形で表示されているので、アマゾンを利用してせどりをする場合は、注意が必要です。

顧客に商品を送付する前にしっかりと汚れ、傷などを確認して、本の中に落書きがあれば、消しておく必要があります。

本来ならば、商品を購入する前の段階で、確認しておくべきことですが、ブックオフで購入する場合は、ライバルとの競争になるので、確認するのは非常に難しくなります。

クレームを防ぐためには、商品の汚れや傷の状態を写真でアップロードして事前に公表することが大切です。

ある程度の汚れなどを覚悟の上で購入するという意識があれば、クレームはなくなります。

ブックオフのせどりは、ライバルが非常に多く、飽和状態が続いています。

そのなかでお金を稼ぐためには、他の人が扱っていない専門書や古い雑誌などを購入すると良いのではないでしょうか。

セール品などは多くの人が同じものを購入し、転売するので、利益が思ったよりも少なくなることもあります。

それよりも、ニッチな商品に目をつけて、アマゾンで転売する方が、何倍も利益を上げられるかもしれません。

他人と同じではなく、自分だけのせどりを見つければ、副業での収入を格段に増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です